【SHOP INFO】Wisteria 再販のお知らせです。

皆さん、おはようございます。

 

まだまだ寒い日もございますが、少し春めいた陽の日差しを感じませんか。

 

少しだけ蕾を膨らませた桜の枝を見ると自然と頬が緩む今日この頃、Miayabi です。

 

そして、待ちわびた春の兆しをグンと感じさせてくれる『桃の節句』もすぐそこに。。。

 

 

この季節、私にとって大切で愛おしいこの硝子雛を飾る時間がとても好きです。

 

幼いころに五人囃子の並べ方は?誰がどの楽器だった??など母と話しながら…灯を点してもらったあの時間が蘇ります。

(もう、毎年決まって話し合いならぬ小競り合いに近いものであったような…)

 

(あの灯の瞬間をいつまでも心に留めたく、硝子の雪洞に水晶の細石をほんの少し…これがとても綺麗なのです♡)

 

皆さんは桃の節句、どのような想い出ございますか。

また、どのようなお祝いをされますか?

 

そんな煌めきにも負けず劣らずの Snow Flakes Pierce / Earring 再販のご希望を頂いておりましたので、今週末2月18日(日)21時よりカート再オープン致します。

 

 

■Snow Flakes pierce/earring

 

ピアス:4300円+tax    

イヤリング:4300円+tax  

 

【素材】

ピアス金具 : ヴェルメイユ(シルバー素材に18Kコーティング仕上げ) 
イヤリング金具:真鍮素材
接続部 : ピン・丸カン:真鍮素材
本体: ヴィンテージアクリル  約23φ×8mm程度

  真鍮ビーズ・パイライト

   
※カット形状・色目は個体差があり、写真とは多少異なる場合がございます。
※アンティークパーツ仕様になっております、細かな傷やくすみがあることもございます。
 風合いとしてご理解頂ける範囲内のものを選んでおります。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

【大きさ】
ピアスフックより:50mm前後
イヤリング金具より:57mm前後(フープイヤリング直径20φ前後)

【重さ】
ピアスタイプ 片側:2g前後 (50円玉一枚:4g程度)
イヤリングタイプ 片側:3g前後 (50円玉一枚:4g程度)

 

 

 

 

自然の光を受けたヴィンテージパーツのカットはまるで切子硝子の様に美しいです。

 

 

 

フープタイプのイヤリングは、まるでピアス装着時のような雰囲気に。

 

 

これからの卒業式や謝恩会などでもお使い頂けると思います。

 

 

またアクリル素材ゆえ、このヴォリュームでもとても軽い着け心地になっております。

 

次回再販を予定出来かねることも含め、今回は少し多めのご用意をさせていただきました。

 

宜しければ是非ご検討くださいませ。

 

18日日曜21時、SONRiSA shop よりお待ちしております。

 

それでは皆さま、よい週末をお過ごしくださいませ。

 

 

 

 

 

【Well-Being】ウェルビーイングとおうち起業

皆さまこんにちは〜♪

 

昨日は&thingsのセレモニーシリーズに

たくさんのご注文を頂き、

誠にありがとうございました♪

 


シンプルベーシックなデザインの中にも、

さりげなく凝ったディティールやバランスに

オリジナリティがひかる&thingsの作品達。

 

所属してくれている作家さん達は、

それぞれ少しづつテイストが違う事で

お互いに学び合い、刺激も受けつつ、

それぞれの個性をより立たせてゆける

いい循環が生まれています。

 

複数作家で一つのショップを運営する

今のスタイルになって5年ほど経ちますが、

今はそれぞれが自分の足で立ちつつ

各自が強みを生かして全体に貢献する

理想の状態に近づいてきたなぁと思います。

 

とはいえ、ここに至るまでには

いろんな失敗と試行錯誤、

時に疑心暗鬼、自信喪失・・・など、

ほんとにいろんな山や谷もありました。

 


好きな事を仕事にする

自分の得意を生かして起業する

なんていうキラキラしたフレーズと共に

語られる事も多い女性のおうち起業。

 

でも実際には「仕事」と言える規模まで

たどり着くのも一苦労ですし、

10年後も継続している割合は10%にも

満たないというのが現実だったりします。

 

それにはいろんな理由があると思いますが、

これまで8年、自分を含めて10名ほどの

ハンドメイド作家さんの作品を扱ってきて

思うのは、女子起業こそメンタル管理が大事

という事。

 

 

 

女性の起業にもいろんなジャンルがあり、

私たちのようなハンドメイド販売の他にも

お教室やサロンの運営、

Webやグラフィックデザイン、

整理収納やファッション等のコンサルティング、

そして女性起業そのもののコンサルティング等、

その分野も多岐に渡ります。

 

しかも、自分でビジネスをするとなると、

専門分野に関する知識や経験だけでなく、

表からは見えない事務やITスキルの習得、

経理やマーケティング、営業など、

苦手とか言ってられない局面も多々

 

幅広い情報収集力と

未経験な分野でも調べてスキル習得する力、

潮流を読み、必要に応じてこれまでの方法を

柔軟に変えられる力もあった方がいい。

でもすぐ人に影響されてブレやすいのはダメ...

 

私達にとって難しかったと思うのは、

柔軟性は保ちつつブレない軸をもつ」事。

なぜならこれは、ほぼほぼメンタル力だからです。

 

もちろん、最初からカリスマ性がある人や

ビジネスセンスに優れている人もいて、

ロケットスタートで起動に乗る方も

いるのですが、それってごく一握り。

 

ほとんどの人は、コツコツ、コツコツと

見えない努力と改善を重ねて、

ようやく「仕事」という規模になっていく

のが一般的だと思います。

 

 

人によって強みが違うので、

それぞれぶち当たる壁も違って

自分では何が壁になっているか

気づかなかったり、

乗り越え方がわからなかったり。

 

協会所属型のビジネス(講師業など)だと

相談できる場があると思いますが、

ハンドメイド起業の場合はそれもなく、

同業の方はある意味ライバル。

 

なかなか相談できる環境がない中で、

うまくいっている人と自分を比べて

「何が足りないのか」を突き詰めるほど、

だんだんと弱気になってきて、

本来持っていた自分のカラーまで迷走・・

なんて事も、珍しい事ではありません。

(はい、私たちも1度経験してます)

 

私がウェルビーイングを学ぶと決めたのも、

それまでのチーム運営の経験から

ウェルビーイングの安定は

仕事の安定・成長に大きく貢献する

と感じたからでした。

 

 

繰り返しますが、女子の起業では

メンタルをいかに一定に保てるか

柔軟性をもちつつブレない自分になれるか

というのは本業スキルと同じぐらい大事です。

 

モヤモヤしてきた時、うまくいかない時、

いかに早く「具体的課題」と「感情」を

切り離して考えられるか。

 

モヤモヤし続けるループから出るための

具体的行動をとり、自分を立て直す力。

 

思考の癖そのものをポジティブに、

問題解決型・開拓型に変えて行く事。

 

自分とは違うタイプの人の多様性を理解し、

それにあったコミュニケーションが取れる事。

 

潮流の変化を理解し、時には成功体験さえ

捨てる柔軟性を持つ事。

 

だけど、その判断は自分で下し、

人に影響されてぶれるのではない事。

 

 

SNSでの情報発信が力をもつ今は、

「インスタ映え」という言葉が象徴するように

「ぱっと見た印象をうまく作れる人」

「影響力の大きいキーワードに敏感な人」

が発信力をもつ時代。

 

それは一つの大きなスキルですが、

それはあくまでも「集客」の部分であって

「商品・サービスの質」とは別の事です。

 

見せ方を磨く努力はもちろん大事だけど、

そこにばかりに気をとられるのは違うし、

実際に商品が届いた時に「・・・あれ?」

っとなってしまうと、結局継続性がなくなります。

 

今年の春以降には、今までの経験を元にした

ウェルビーイングとおうち起業に関する

勉強会などもやっていく予定です。

ご興味おありの方がいらしたら、

ぜひコメント残してくださいね!

さ、今週も1週間、ご機嫌に行きましょう♪

 

 

 

 

 

2月12日&thingsパールセレモニーシリーズ新作のお知らせ

こんばんは!&thingsです。

SONRISAよりWell-Beingのお話が続いておりましたが、

そんな合間の明日、2月12日(祝)21時より&thingsのセレモニーシリーズの淡水パールアクセサリーを発売開始させていただきます。

 

 

卒園式や卒業式、入学式などのセレモニーには真っ白なパールのアクセサリーは品と女性らしさを演出してくれて、とても重宝します。

シンプルな一連のネックレスはもちろん、入学式などには少し華やかに、いつもより少しボリュームのあるアクセサリーも装いに華を添えてくれます♪

 

シンプルベーシックではあるけれど、ほんの少しのボリューム感や、重ね付けなど組み合わせし易いセレモニーから日常コーディネートまでお楽しみいただけるアクセサリーをご用意いたしました。

 

今回は

・ネックレス2種類

・ブレスレット1種類

・ピアス1種類

・ピアスキャッチ

の5シリーズのご用意です。

 

詳細は&thingsのブログや、現在プレビュー中のショップをご覧いただけますと嬉しいです。

&thingsのブログはこちらから⇒&thingsブログ

現在プレビュー中のアイテムはこちらから⇒SONRISAショップ

 

ブルチェーン×3連パールのネックレス>

3種類のパールとキラリと輝く2本のチェーンの組み合わせのネックレスです。

適度なボリュームと3連のニュアンスをお楽しみいただけます。

ミドルタイプの長さをアジャスターで調節できるところもポイントです。

 

<淡水パールチョーカーネックレス>

照りと艶のとても綺麗な上質な淡水パールを使ったシンプルな一連ネックレス。

ぽってりとしたビーンズ型のパールがより一層艶を引き立たせてくれます。

ポイントは36僂斑擦瓩ら42僂肇▲献礇好拭爾把汗瓩い燭世韻襪海函

チョーカーのように短くできるところがありそうでなかなかないポイントです。

グンと短くしていただいたり、重ね付けなどもお楽しみください。

 

<ベーシックパールブレスレット>

ポコポコとした愛らしい形をしたパールのブレスレット。

シャラリと揺れるシャープなアジャスターがポイントです。

 

<バロックパールリングピアス>

艶やかなコロンとしたバロックパールとゴールドリングを組み合わせたピアスです。

ゆらゆらと揺れ女性らしい優しい雰囲気でお楽しみいただけます。

 

<淡水パールピアスキャッチ>

なかなか見つからず再販できなかった淡水パールのピアスキャッチですが、

照りの美しいものが見つかりました!

いろいろなポストピアスと組み合わせて、後ろ姿もかわいくお楽しみいただけます。

 

シンプルなパールのアクセサリーは、セレモニーはもちろん日常使いにもお洋服を選ばず楽しむことができる定番♪

ゴールドとの組み合わせや、いくつか重ね付けをしたりと、色々な組み合わせでご愛用ください!

 

【Well-Being】ココロとカラダ にんげんのぜんぶ

皆さまこんにちは〜♪

 

 

今日のタイトル、

ココロとカラダ にんげんのぜんぶ」は、

オリンパスのキャッチコピー。

 

宮崎あおいさんのCMなどで

目にした方も多いのではないでしょうか?

 

オリンパスの企業広告ページは、

 

カラダが元気だと、ココロは前を向く。

ココロが前を向けば、

カラダはもっと動きたくなる。

 

という言葉から始まるのですが、

シンプルにウェルビーイングの本質を表した

コピーだな・・と思いタイトルにお借りしました。

 

 

そもそもWell-Being (ウェルビーイング)とは

心身ともに、そして社会的にも

健やかで幸せな状態」であること。

 

この「健やかで幸せな状態」というのは

「病気でない」というゼロではなく

「健やかで幸せ」というプラスである事

 

意外と私たち、自分の状態には疎くって、

病気というほどではない状況については

でもまぁ、みんなこんなもんよね

とスルーしがちだと思います。

 

例えば慢性的な肩こりや腰痛、

慢性疲労や睡眠不足。

病気というほどではないけれど、

「体調がいい」とはいえない状態。

 

あるあるあるー。

 

以前の私も、こんなの普通やし、

みんなこんなもん。。と思っていましたし、

それゆえに改善しようとも、

改善できるとさえ、思っていませんでした。

 

その状態がベースになっていましたからね。

 

 

でも、最初は単なるダイエットとしてやり始めた

バターコーヒーダイエットとDVDの筋トレを

続けるうちに、体調の変化とともメンタル面も

あれ?そういえば最近ずっと調子いいかも

という効果が、思ってもみなかった程出てきました。

 

それまで「当り前」と思っていた普段の体調は

けして「当り前」ではなかったのだと気づいた訳です。

 

「心も身体も人間関係も健やかで幸せな状態」だと

主観的幸福度が上がるのはもちろん、

様々な悩みや不調から解放されるので、

自分の力を「本来の目的や活動」そのものに

集中させる事が出来るようになってきます。

 

その結果、仕事や家事の効率が無理なく自然に

上がってきます。

 

数々読んできた生産性アップ系の自己啓発本は

何やったんや?と思う程、気力のベースが

かわってくる感じ。

 

 

「幸せになる思考法」や「幸福」というと

人によってはとても抽象的で、場合によっては

宗教やスピリチュアルなどの「ちょっと怪しげ?」

という印象を感じる事もあるかと思います。

 

私も、スピリチュアルも否定はしないけれど、

何事も客観的なエビデンス(根拠・証拠)を元に

理解・納得したい方なので、精神論すぎると

「あ・・・そういう系?」ってなったりね。。

 

でも、幸せに寄与するのは「心」だけでなく、

「身体」や「人間関係」も重要だと

科学的なエビデンスを元に説明されると、

具体的な行動にも繋げやすいので、

単なる精神論だけにとどまらないので、

具体的なアプローチが考えやすくなります。

 

 

例えば、

心が辛い時に身体を癒してあげると

心も癒されて上向いてくる。

 

身体のコンディションが良くなる習慣は、

心のコンディションも整っていく。

 

身体が楽になり、痛みや疲れが取れると、

それだけで一つウェルビーイングな状態に

なりますから、当たり前といえば当たり前。

 

副作用ゼロ・抗うつ剤より効くご機嫌の鍵

でも脳内物質について書きましたが、

「心」は「脳」の活動である以上

身体が整ってコンディションが良くなると

プラスに働く脳内物質の分泌が活発になる

というサイクルも出来上がります。

 

そう考えると、

ご機嫌な自分でい続けられるコツは、

けっこう具体的な行動に落とし込める

事に気付きます。

 

実際、私が昨年やって効果を感じた事も、

 

ー日付が変わる前に寝る

ー寝室にスマホを持ち込まない

ーバターコーヒーによる軽い糖質制限

ー食材の見直し(野菜中心・低GIな食材)

ー軽い運動習慣(むーちゃんの散歩)

 

など、一見心理とは関係なさそうな、

むしろ普通の健康管理じゃないの?と

いう感じの事が多々ありますが、

これらのおかげで体調のベースが

驚くほど良くなって、その結果が

メンタルにも仕事にも大きく影響しました。

 

 

コツとして、こういった習慣改善的な事は

少なくとも3ヶ月〜半年スパンで気長にやる事。

 

そしてここでも「トリガー行動」に

小さな工夫をすると続きやすいです。

 

我が家は夫婦そろって遅寝の悪習がありましたが、

それが改善されたのは本当に小さな行動で、

スマホを1階で充電するように変えた事でした。

 

そうした事で、

ー寝る前にダラダラとスマホを見る事がなくなる

ーアラームを止めるために起きざるをえない

という事で、少しづつ早寝早起きにシフトしました。

 

栄養面も、糖質制限をやり始めた人は

夜ぐっすり寝れるようになったとか、

食後に眠くならなくなったとか、

身体のコンディションが改善される人が多々。

 

モヤモヤし続けるのをやめてみた」の

ように、モヤモヤした気持ちを切り替える

即効性とは違いますが、

自分自身のベースを底上げするには

睡眠・栄養・運動 の改善は本当に効果的。

 

急を要する課題ではい分、

つい後回しになりがちなこれらの改善。

 

「ココロとカラダ にんげんのぜんぶ」

というキャッチコピーをイメージしながら

「これが改善したら幸福度も生産性も上がる♪」

って思うと、やろうって思えますよね♪

 

みんなで自分のベースそのものを

上げていきましょう〜♪

 

 

【Well-Being】やる気スイッチは小さなものから

皆さまこんにちは〜♪

 

寒い日が続き、大雪やインフルエンザの流行など、

何かと心配なニュースが多い今年の冬。

 

三田は神戸や大阪に比べて寒いとは言え

今年の空気の冷たさといったら

ここはスキー場??と思うほど。

 

でも、今日も池の氷もとけない寒空の下、

むーちゃんとお散歩に出かけたら。。。

 

 

ぷくぷくに膨らんで、

今にも花を開きそうな蠟梅の蕾。

 

 

桜はまだまだとは言え、

だんだんと小さな蕾が膨らんできています。

 

そして大好きな雪柳も...

 

ピントがなかなか合わずにちょっと見にくいですが、

小さな蕾が膨らみ始めていて、

一つ二つ、間違えて花が開いている子が!

 

 

たった数日前にこんな雪景色だった三田、

氷点下の中でも、確実に春は近づいています♪

 

お散歩途中、ふと足を止めてこの蕾達に気づいた時、

あ、この蕾の感じ、先日から書き綴っている内容に

ちょっと似ているな・・・と感じました。

 

モヤモヤする事や辛い事があった時も、

その存在そのものはまだ消えてなかったとしても、

自分の中でモヤモヤを脱出する準備が、

小さく、でも確実に出来ていく。

 

周りはまだ気づかないかもしれないし、

自分自身も、まだ花ひらいたわけじゃないから

気づいていないかもしれないけれど、

小さな変化は少しづつ少しづつ育ち、

モヤモヤから出た時には、

綺麗に花が咲く準備ができていたり。

 

寒くてもご機嫌にあるくムーちゃん

 

一つ、自然とは違う事があるとすれば、

私たちは冬の終わりを待つだけではなく、

自分で手繰りよせる事もできるという事。

ご機嫌力を高めるスイッチは色々あって、

昨日の「副作用ゼロ・抗うつ剤より効くご機嫌の鍵

でご紹介したように、適度な運動をする事は

医学的・生理学的にも立証された一つの方法です。

 

でも、わかっちゃいるけど、なかなかね〜・・・

という本音も、ありますよね。

 

私はありますよ〜。

特に筋トレは、義務でもないし、ハードだし、

時間も必要だし、めんどくさいし。

 

やらなくていい理由、やめちゃう理由の方が

よっぽど自然に、たくさん出てきます。

 

今日は、その「・・・ま、いっか、今日は」

となりそうな自分を(少なくとも10ヶ月は)

実行に導く事ができた小さなコツについて、

お話しようと思います。

 

 

去年1年、一度もやらなかったジリアンのDVD。

逆に、一昨年は10ヶ月続き、ー7kgを達成できた

この筋トレメニュー。

 

自分にベストな方法だとわかっていて、

その効果も経験しているのに、

なかなか再開できなかったのですが、

今年に入って再度取り組み始め、

今週も無事2回が終了して、

だんだん習慣化してきました。

 

偉いでしょ!!

私、意思強いでしょ!

 

・・・じゃなくて。

 

これって、ちょっとした行動の工夫で、

実行力を上げられるコツがあるのです。

 

 

そのコツはね・・・

「とりあえずマットを敷く」事。

 

もう一つ付け加えるなら、

DVDをつける事。

 

え???って感じですよね。

 

でもこの「トリガー(きっかけ)行動」だけ

まず意思の力でやってしまうと、

その後の行動って、実はそんなに意思の力が

いらなかったりします。

 

週に3回筋トレを必ず行う

というと、途端にすごくストイックで、

それが続く人はなんて意思が強い・・・

みたいに、ハードルが高く感じがち

 

(少なくとも、私みたいなゆるい人には、

 とってもハードル高く感じます)

 

でもね、よくよく考えてみると、

筋トレしている30分間、ずっと意志力を

使って辞めそうになる自分と戦うわけでは、

なかったりします。

 

要は、最初にやり始めるのが億劫。

 

布団から「でる」のが難しいのと似ています。

 

だったら、その心理的ハードルを、

「ま、とりあえずマットだけしいとこ」に

下げてあげる。

 

すると、使う意思の力は小さくて済みます。

 

「ま、とりあえず、目だけは開けとこ」みたいな。

 

でも、そうしているうちに、

「・・・だったら、そろそろ起きようか」

となるように、

「・・・そろそろやりますか」

というタイミングがきます。

 

(pintarestよりお借りしています)

 

DVDまで付けていたら、

もうあとはドミノのように、

DVDが始まっちゃうから、ついていくだけ。

 

そこに意思の力なんて、

全く使う必要がないのです。

 

私が意思の力を使って、

怠け者の自分を奮い立たせる(大げさ!)のは

「マットを敷く」という

1つ目のドミノを倒す事だけ。

 

一つ目のドミノが倒れたら、

あとは自動的に倒れてゆくので、

意思の力は必要ないというわけです。

 

やる気スイッチ、

重くて大きなものを押しつづけるイメージだと

しんどいし、ハードルが高いのですが、

「トリガー(きっかけ)になる小さな行動」

あらかじめ決めておくと、

小さなスイッチを押すだけになって楽チン

 

なので私は、何か頑張ろう・・って思った時は、

意識的にこの「トリガー行動」を決めます。

 

筋トレなら「マットを敷く」。

お弁当を作るなら「弁当箱を出す」。

ブログを書くなら「タイトルを登録しとく」。

(今です、今。)

勉強をするなら「まず机に座る」とか

「問題集を広げる」とか?

 

さらなるコツは、

「目に見える」事にする事。

 

たとえばテレビがついていない時に

DVDのスイッチをいれたとしても、

忘れちゃったら気づきません。

 

お弁当を作るのに

スマホのリマインダーに登録しても、

気づいた時には時間がない・・なんて事も。

 

その行動につながる、小さな最初のステップで、

しかも見える事だと忘れにくいですよ♪

 

これはメンタル管理にも使えて、

モヤモヤに陥りそうになった時のトリガー行動を

あらかじめ作っておくというのもオススメ。

 

モヤモヤし続けるのをやめてみた

でも書きましたが、「モヤモヤしたらこれをする」

というトリガー行動を、あらかじめ決めておくと、

気づいたらすぐに気持ちをそらすことが出来て、

無駄に長時間モヤモヤしてしまう事が減りますよ♪

 

あなたがやる気スイッチを入れたい事。

モヤモヤした時に抜け出す特別なスイッチ。

 

時間があったら考えてみてくださいね♪

さ、今週もあと二日、頑張りましょ〜♪

 

 

 

 

 

 

【Well-Being】副作用ゼロ・抗うつ剤より効くご機嫌の鍵

皆さまこんにちは〜☆

 

Well-Beingに関連するブログを書き始めて数日。

私自身も、1月上旬にあった漠然とした不安感、

予定していた事が思ったように進まないイライラ感、

それらから来る軽い自己嫌悪が消えてきて、

いつものペースを取り戻してきた感じ♪

 

モヤモヤした時の抜け出し方について

 

モヤモヤし続けるのをやめてみた」で

 マイナスからゼロに

あなたの「ご機嫌ポイント」は何?」で

 ゼロからプラスに

その『〜べき』、ほんとに必要?」で

 プラスをキープしつづける

 

というコツをメンタル面から書いてみました。

  

続く今日は、ご機嫌力の底上げに役立った習慣

について、科学的根拠と共にご紹介しますね!

 

 

え?

むーちゃん???ペット飼えって???

 

って事ではなく。

 

モヤモヤとする時や、どことなく調子が出ない時、

思考を変える事はもちろんとても重要ですが、

何か「簡単で具体的な行動」をとる事で

気持ちを切り替えやすくなる事があります。

 

その一つが、散歩

 

今日のブログタイトルの

「副作用ゼロ・抗うつ剤より効くご機嫌の鍵」とは

実は運動がメンタルに及ぼす効果の事。

 

ウォーキングやジョギング、筋トレなどの

適度な運動は、うつ病の治療の中でも

抗うつ剤に匹敵するほどの効果が認められ、

副作用がない(当たり前ですね)上に、

半年後にもその効果の下がる割合が低い事が

医学的な実験の中で立証されています。

 

なぜか・・・というと、以前の記事でも

少し触れた「脳内物質」の分泌に、

運動も深く関わっているから。

 

 

脳内物質にはいろんなものがありますが、

幸せホルモン」とも言われるが

セロトニン

 

セロトニンは精神を安定させ、

幸福感を生み出すホルモンで、

ノルアドレナリン(怒りや不安の元となる物質)と

ドーパミン(快楽や喜びの元となる脳内物質)が

バランスよく働くようコントロールする働きを

担っています。

 

セロトニンが不足すると

疲れやすく、意欲がなくなり、

うつ病や不眠症などになりやすい

といわれます。

 

このセロトニン、笑う事や食べ物などに

よっても増やす事ができるのですが、

適度な運動もセロトニン分泌を促進し、

セロトニンは夜になるとメラトニンの元

にもなる為、質の良い睡眠にも繋がるとの事。

 

確かに私も、お散歩や筋トレの後は

身体を動かしたすっきり感と達成感もあり、

いつも以上に気持ちもすっきりするし、

当然夜はよく眠れます。

 

しかも。

 

運動によるプラス面は「気分的な爽快感」

だけでなく、その後の仕事や家事の効率も

上がるんです。

調べてみると、これもやっぱり生理学的に

根拠がありました。

 

集中力を高めるテストステロンや、

BDNF(脳由来神経栄養因子)という

脳の神経を成長させ保護する物質なども

運動によって分泌が活性化するそうで、

それらの相互作用によって

軽い運動をするとその後の行動まで

集中力や持続力が変わるとの事。

 

 

元気がない時や、考え事が頭から離れない時、

頭空っぽにしてリフレッシュしよう」と決めて

空や道端の草花など「今ここ」を味わいながら

ちょっとお散歩してみましょう。

 

ー上を向いて大きな歩幅で歩く

ー「今、ここ」を楽しむ

 

を同時にできるお散歩は、

手軽で、生理学的にも効果のある立派な「運動」。

 

特に、

「そういえばずっと引きこもってるわ」とか

「家と職場の往復だけだわ・・」なんて時は、

気が向いたらちょっと散歩・・・を

取り入れるだけでも、効果がありますよ♪

 

医学的・生理学的に見た

「運動がメンタルに及ぼす効果」

「脳内物質の役割」

などについては、ウェルビーイングの中でも

様々な事が明らかになっているので、

参考になるサイトをご紹介しますね。

 

>>三大神経伝達物質が教える「セロトニン」のススメ

>>うつ病に筋トレは有効なの?有効な理由とやり方

>>「心を強くする」には運動が欠かせないワケ

>>運動習慣が不可欠〜再発予防に効果大〜
現代うつ病Q&A〜メンタルケアの最前線から〜

 

忙しくてなかなか散歩する時間が日中に取れない・・

という方は、私的には軽い筋トレもオススメです。

 

私も今年に入り、このDVDを使って30分ほどの

筋トレを月・水・金にやる習慣を復活させようと

取り組み始めました。

 

 

時間がない方にとって筋トレは「効率的な運動法」。

 

私はヨガの経験がほとんどないので、

運動の選択肢は

ウォーキング・ジョギング・筋トレ・ダンス系

程度しかないのですが、

「楽しい」「心地よい」という要素が少ない分、

筋トレは時間効率は最強。

 

ジョギングがその次に続くかな・・と

思いますが、効果がでる筋肉のパーツが

ある程度限定される面があるので、

そういう面でも筋トレはバランスがいい。

 

ジリアンのDVDはけっこうハードなので

合う・合わないが人によると思うのですが、

ウォームアップからクールダウンを入れても

30分で済む上、出かけなくても出来るので

私は多分これ以外の方法をとる事は

今後もないのだろうな・・と思うほどです。

 

筋力がついてくると基礎体力が上がり、

集中力や実行力なども全体的に上がるので、

1日の時間効率や仕事の効率までが

全体的に底上げされるのです。

 

でもねー、効果が頭でわかっても、

わざわざしんどい筋トレするなんて、

なかなかに「意思の力」が必要ですよね。

 

めちゃめちゃわかります。

だって去年1年、まる1年、サボりましたから。。

 

なので、その「やる気スイッチ」の入れ方と

「意思の力」について、

また次の記事で書いてみますね。

 

では、今日も1日ご機嫌に行きましょ−♪

 

 

 

【Member's Blog : SONRISA】ありがとうございました & 誰から学ぶ?

皆さまこんにちは〜☆

 

 

 

昨夜は&thingsの人気シリーズ、

ライスパールのラインネックレス&ブレスレットの

再販に、たくさんのご注文を頂き、

本当にありがとうございました!

 

 

そして同じくこの週末は、

ショップ立ち上げ当初からブログを通じて

お付き合いさせて頂き、

暮らしの整え方はもちろん、

ファッションも生き方も、尊敬してやまない

ライフオーガナイザーの鈴木尚子さんが

ブログでSONRISAのピアスをご紹介下さり、

幸せすぎる週末でした♪

 

→「おすすめのピアス」

 

今やライフオーガナイズ(片付け)のみならず....

 

クローゼットオーガナイザーとしてのご活躍から

ファッションでも多数のご著書を出版されている尚さん。

 

 

そしてこの月末には私的には待望の!!!

「時間術」の本をご出版予定!!

 

 

私は本はかなり多読傾向で、

特に起業してからは本は最大の自己投資として

気になったものはどんどんポチっとします。

 

そして、好きな人、尊敬する人のご著書は

かなり総ざらいする傾向に。

 

なぜかというと、本というのはその人の思考が

もっとも濃密に整理されて凝縮されたもので、

最強にコスパよくすごい人から学べるツールだから。

 

片付けもファッションも、

かなりの量の本を所有&読んだ上で思うのですが、

良い本とそうでもない本(失礼!)の違いは、

その本が「読者目線を徹底できているか

だと思います。

 

特にファッションは感覚的なものも多くて、

私服スナップ集的な本は目の保養にはなっても

理論化されておらず、「物」そのものグレード

によって素敵さが作られていたりするので

一般人には再現性がないものも多い気が。

 

そういう点で考えると、

片付けの本ももちろんなのですが、

尚さんのファッションのご著書は特に、

あまたいる有名スタイリストさんや

タレントさん、インスタグラマーの

物とはもはや別枠レベルに実用的です。

 

(「大人のコーディネートレッスン」より)

 

「ファッションが苦手な普通の(一般の)人

にとって、パーソナルカラーや骨格に基づいて、

再現性の高い方法で似合う服の選び方や

コーディネートの組み方がとても詳しく

説明されていて、徹底した読者目線

 

 

スタイリング展開例で使われている服も、

みんな持っていそうなベーシックアイテム中心で

何を買い足すとこのように展開できるか・・が

見えやすい。

 

 

タレントさんやスタイリストさんの場合、

自身のブランディングや仕事上のしがらみ

(商品提供やコラボ、立場的な関係)が

どうしてもあるので、それらの利益から

中立である事は現実的に不可能で、

本当の意味での「読者目線」は難しい。

 

それもあり、尚さんは多数ある

ファッションのコラボやプロデュースの

オファーは、すべて断っているとか。

ほんま男前ですが、だからこそやなぁ・・と納得。

 

ファッション業界に所属しているのではなく、

「ファッションに困っている人」の困りごとを

解決する「クローゼットオーガナイザー」

(本当の専門は「片付け」)だからこそ、

逆に利害関係なくファッションをフラットに語れる、

逆説的かつ圧倒的な強みがあるなぁと思うので、

ファッションに悩んでいる人には

尚さんのご著書を紹介するようになりました。

 

 

そして、この尚さんの凄まじいご活躍を

ある意味根底で支えた要因の一つが、

ウェルビーイング心理教育アカデミーの

理事・創立者である渡邊奈都子先生・義先生ご夫妻

 

奈都子先生ご自身もライフオーガナイザーでもあり、

心理カウンセラーのご専門を活かして

「メンタルオーガナイザー」の育成にも

尽力されています。

 

私が今所属していて、勉強しているウェルビーイングも、

奈都子先生が立ち上げられる協会なら是非!!と

思って参加を決めたもの。

 

特に最初に読んだ選択理論心理学の

人間関係をしなやかにするたった一つのルール

は、メンバーにも読む事を勧めていて、

中にある「5つの基本的欲求」による

「欲求のプロフィール」を知る事で

家庭やチーム内でのコミュニケーションが

とても改善したなぁと感じています。

 

 

尚さんもFBやブログの中で、

特に子育てにおいて奈都子先生から学んだ事で

「人生変わった」とおっしゃっていますが、

私もまさにその通り。

 

私の場合は他にも原田綾子先生の

「アドラー式勇気づけの子育て」講座など

もものすごく勉強になったし役立ちました。

 

ファッションも片付けも、

理論的に再現性高く説明された「コツ」

知ると、劇的に楽になります。

 

それと同じで、人生の歩き方や家族関係も、

考え方や視点を変える「コツ」を学ぶ

自分も家族も楽になる。

 

そしていずれも大事だなぁと思うのは、

誰から学ぶか」。

 

これ、超重要!!

何よりも重要だと言っても過言ではない。。

 

自分がキラキラしたい人、

自分が成功したい人、

から学ぶのは、とってもリスキー。。。

 

もちろん発信されている内容は

(特に骨格やカラーなどの資格に基づいたものは)

似た内容だったりもするのですが。。

 

伝えようとする気持ちの根源が

相手の役に立ちたい」なのと、

自分の売り上げを立てたい

ごめんなさい、でも本当にこういう講師いるいる

なのでは、内容の濃さも伝わり方も全然違う。

 

本当にね、その辺は気をつけた方がいいです。

特に講座の金額が大金なケース。

私も色々と、けっこう高額な講座も受けているので、

本当に良かったケースと、

「ブランディング」で高額にしてるなーという

ケースと、ある程度見抜けるようになってきた。。

 

高額だから価値があるはず、ではないですよー。

ああ、まただんだん話が逸れてきたので、

今日はこの辺で!

 

また明日から、ウェルビーイングの続きも

発信していきますね!

さ、今週もご機嫌に行きましょう〜♪

 

【MENBERS BLOG:&things】2月4日の再販のお知らせ

こんにちは!&thingsです。

寒い日が続いていますね。

寒さにも冬の初めの頃に比べれば体が慣れてきたように思います。

こう、毎日寒い日が続くと、同じ季節にずっととどまっているような

気分になってしまいますが、

季節は、きちんと進んでいるのですね。

家の前の梅の花の蕾は、もう咲く寸前まで膨らんできているし、

日もどんどん長くなってきているし、

窓から差し込む光も明るく柔らかくなっているように感じます。

春を心待ちにしてしまう今日このごろ。

寒い季節が終わりに近づくと卒業&入学式のシーズンになりますね。

今のこの時期からセレモニーの装いの準備を始めるかたも

いらっしゃるのではないでしょうか。。。。

thingsも来週、セレモニーのためのアクセサリーの新作発売を予定

しています。

セレモニーにも使えて日常やちょっとしたおでかけにも活躍しそうなパールの

アクセサリーを只今製作中です!

それに先駆けて、本日4日21:00〜ライスパールのラインシリーズの

ショートロングを再販いたします。

 

シンプルでありながら、チェーンとライスパールの組み合わせが

さりげなくエレガントな雰囲気を演出してくれて、

日常にもおでかけにも使いやすいと、ご好評をいただいておりましたが

ワンピースなどと合わせると、セレモニーの装いにも、なんだかよい感じに

なりました!

シンプルなデザインなので、ボリュームあるコサージュや

他のネックレスと重ね付けをして、華やかさをアップさせるのも

素敵です。

お揃いのライスパールブレスレットチェーン×ライスパールブレスレットもございます。

是非、ショップに遊びにいらしてくださいね!

online shop ⇒2月4日(日)発売開始の&thingsアクセサリーはこちらから 

 

 

 

【Well-Being】その「〜べき」、ほんとに必要?

皆さまこんにちは〜⭐

 

Well-Beingに関する記事を書き始め、

「初めてコメントします」とコメント頂いたり、

「続きを楽しみにしてます」などのお声を頂いて、

私自身がとても励まされています。

本当にありがとうございます♪

 

モヤモヤし続けるのをやめてみた」で

 マイナスからゼロ

あなたの「ご機嫌ポイント」は何?」で

 日常をゼロからプラス

持っていく小さな心がけをご紹介しました。

 

それぞれ、単なる小さな心がけですが、

モヤモヤにフォーカスする癖をやめて

「今ここ」の小さな幸せにフォーカス

出来る「思考の癖」が自分のものになった後は、

メンタルのコントロールがとっても楽に。

 

そして今日は、プラスになった日常をキープし、

暮らしの中の「ご機嫌」を増やすのに役立った、

小さな視点の転換についてご紹介しますね。

 

 

あなたの「ご機嫌ポイント」は何?」の中で、

毎日の暮らしのご機嫌ポイントに気づくようになると、

「自分はどんな事に幸せ・価値を感じるか」という

傾向がすこしづつ見えてくると思います。

 

これは人それぞれ、状況によっても違うので、

誰かのオススメをそのまま取り入れようとするより、

自分の価値観・状況を棚卸しする事がすごく大事

 

なぜなら、価値観はもちろん、自分の特性や状況

(家族構成や仕事の有無、パートナーの協力度、

 使える時間、外出派かおうち派か等)によって、

人のご機嫌ポイントが自分には苦しい事もあるから。


例えば

「いつもスッキリ整った家」

「栄養バランスのとれた手料理が並ぶ食卓」

「家族仲良く過ごす週末」

「運動やインプットなどの自分磨き」

「ランチの楽しいお付き合い時間」

 

などが幸せ感アップになるのは「確かにね〜」と

思いますが、それが「〜べき」になった途端、

まぁ重苦しい。。。

辛い。。

 

私がもしフルタイムのワーキングマザーだったなら

そんなもの、私には絵に描いた餅じゃ!」とか、

そういうイメージそのものが、重っ!」って

ブチギレてしまいたくなるかもしれません。。

 

私の場合は本当に、会社員として勤めていたら

家事や育児との両立に自信がなかったから

自営を選んだ・・・という経緯もあるので、

この「〜べき」感の重さ、とてもわかるのです。

 

 

怖いのは、でもその「〜べき」って、

実は自分が自分に、課しているものだという事。

そしてそれって、気づきにくいという事。

 

価値観や状況がそれぞれある中で、

数ある中から自分が無意識に選び取っている情報。

 

それらは、自分の中の「こうありたい姿」

のフィルターを通して無意識に選んでいます。

 

でも、現実の自分とギャップがある時、

「・・ってそんなもんできるかーい!!」

と言いたくなるストレスを、つい「情報元」に

向けてしまう事もあります。

 

でも、その「情報発信元」は、

そもそも特定の意図のない、

単なる「情報」である事も多い。

 

そこに何故ストレスを感じるかというと、

自分の中にある『〜べき』が原因だったりします。

 

 

「(主婦なんだから)家は整えておくべき

「(家族のためにも)栄養のある手料理を毎日作るべき

「家族の時間を大切にするべき

「自分磨きも怠らないべき

「友達づきあいも大切にするべき

 

し、しんど。。。。

 

でも、きっとみんな頭の中にこんな思い、

感じた事ありますよね????

 

だって私達、やらないといけない(と思う)事、

めちゃめちゃ多いし。

 

そしてSNSの中には「この人すごっ」って思う人、

実在してるように見えますもん。

 

いやいやすみちゃんも・・って思った方がいたら、

それはね、私に騙されてるんです。ニヤリ。

 

インスタの写真なんて、一部を切り取ってます

 

キッチンリセット、確かにすごく意識して

習慣化できるように頑張ってます。

 

でも、できてない所や、リセット前を撮らないだけ

この写真の右にはダイニングテーブルがありますが、

その上が同じように綺麗かは家族のみ知る・・です。

 

 

美味しそうな野菜の写真。

 

実際は買って来たのを袋開けて、

洗い桶につっこんでるだけ。

うそ、「インスタ映え」するように

配置には気を使ってます。

って、そこ?

 

常備菜。

よーく見て見てください。

「調理」した系のもの、ありません。

 

最初はね、副菜的に調理した「常備菜」を

頑張ってみた事もあるんです。

 

でも、無理だった。

 

これをストレスなく何品もできるようになるまで

ほぼ仕事やん!っていうパワー割かないと

私には無理、って悟りました。

 

でも、あとで楽できるような必須手段として

常備菜的なスキルはあった方がプラス。

 

だから「切る」「ヘルシオで蒸す」はやることに。

 

結果、過去の写真ですが、こんな感じで

「切ったもの」「茹でたもの」「きのこソテー」

だけが並ぶわけです。

でも、これだけで後の数日感、時間も気分も楽。

 

家族時間は大事ですが、それは自分も楽しめる内容で。

こどもの為に自分は我慢して・・は、我が家はないかも。

 

運動。

一昨年かなり頑張って体重も落としたジリアンの筋トレ。

去年1年間、多分1回もやりませんでした。

 

そうしたら、また肩こりと首こりが悪化して、

集中力も低下して来て、冷え性まで復活。

 

一番効果があったのが筋トレだとわかっているので、

これは今年ぼちぼちと復活中です。

 

でもね、これもいろんな方法があるから、

2度と復活できなかったことも多々。

(早朝の夫婦ランニング、ウォーキングとかね)

 

でも「これでOK」な自分のラインが見つかれば、

それでOKだと思う。

 

 

友達との時間。

私の場合、この時間さえ、去年ばっさり削りました。

 

「ネットで仕事をしているのだから」

「ファッションアイテムを作るのだから」と

おしゃれで華やかにならなければ・・

人とも繋がった方がいいんだ・・・

と思っていた時期がありました。

 

インスタで繋がったキラキラしたお付き合い。

おしゃれなカフェでランチとか、

交流の輪も広がって、起業してる人は人脈になるので

積極的に繋がりましょう的な。

 

結論から言うと、

残念ながら向いてない。

三田は距離もあるので、他の時間が圧迫される。

 

ということで、今、街に出るのは月2回まで。

仕入れも含めて、2回まで。

地元や昔からの友達(SNS無関係)優先。

 

・・・・地味っ。

 

でもね、こう決めたらほんとにストレスフリー。

やっぱり無理、してたんやなーと思いました。

 

もちろん、会いたい人には会いに行くし、

お付き合いはとても大切にしたい。

だから逆に「〜べき」と思って会うなんて

それはナンセンスだな・・と。

 

自分にとってそれが大事で心地いいなら、

他人軸(SNSで人脈広げて羽ばたこう的な)は

ちょっと横に置いてみましょう。

 

 

私たちは、いろんな役割があり、

情報が溢れている時代に生きているからこそ、

誰に押し付けられたのでもない

「自分の中に勝手に生まれている『〜べき』」

に、びっくりするほど支配されがち。

 

何かにストレスを感じた時、

その根源に、自分でも気づいていない「べき」が

潜んでいないか考えてみるといいかもです。

 

『〜べき」を「〜でOK」に緩められたら

いろんな事から自由になりますよ。

 

是非一度、

自分の「べき」を見直して見てくださいね。

肩の力、抜きましょー。

 

 

 

 

 

 

【Well-Being】あなたの「ご機嫌ポイント」は何?

皆さまこんにちは〜。

 

先日からシリーズとして書き始めた

『「もやもや」⇨「ご機嫌♪」の切り替え方』。

 

昨日は「モヤモヤし続けるのをやめてみた」という

最初の「マイナスからゼロにリセットするコツ」

について書いてみました。

 

続く今日は、ゼロをプラスにするための、

最初の一歩について。

 

 

そもそもWell-Being (ウェルビーイング)とは

「心身ともに、そして社会的にも

健やかで幸せな状態」であること。

 

WHOによる「健康」の定義から引用すると

「病気でない」「弱っていない」

という0(ゼロ)の状態ではなく、

「心・体・人との繋がりが満たされた+の状態」

のことだと言われています。

 

-------------

"Health is a state of complete physical,

mental and social well-being

and not merely the absence

 of disease or infirmity. 

 

健康とは、病気でないとか、

弱っていないということではなく、

肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、

すべてが満たされた状態にあることをいいます。

(日本WHO協会訳)"

社団法人日本WHO協会サイトより

-------------

 

昨日の記事でご紹介した10年前の私、

ずっとモヤモヤと心配事のど真ん中にい続け、

最終的に「あかん、これ病んでるのかも」と

人生で始めて精神科の門をたたきました。

 

こんこんと自分の状況(抱えている問題)と

自分の状態について先生にお話ししたら、

 

「結論から申しますと、欝ではありません。

ひじょーーーーーーーーーーーーーーに、

お疲れなだけです。

まずはご自身を労ってあげて下さい。

まずはゆっくり眠って下さい」って。

 

「そ、そうですか。。。」と、拍子抜け。

でも、この時の状態も「ゼロ」なので、

「幸せ」だとは思えていないという訳です。

 

 

「幸せ」って、とても漠然としていますよね。

どんな状態だったら幸せだと感じるのか、

幸せになるには何が必要なのかも、

きっと人それぞれ求めることが違います。

 

もっと**だったら、

もっと**があれば、

というように、足りないものばかり思いつく

そんな時もありますよね。

 

でも、「足りないもの」にフォーカスするよりも、

まず今自分にあるもの、

今の暮らしの中で自分が「は〜幸せ♪」と思う

小さな事を、再発見して見ましょう。

 

シンプルに「心地いい」「美味しい」

「好き」「ほっとする」などと感じる小さい事。

 

例えば、今の私なら、


ー(お散歩の時)今日の空綺麗〜♪

ー(朝ご飯食べつつ)美味しいね〜♪

ーみんな元気に行ってらっしゃーい♪

ー(片付け終わって)スッキリ♪

ー(服を選んで)これにしよ♪

ー(昨日買ったお花を見て)綺麗やな♪

 

こんな小さな、普通に日常にある事。

 

でも、モヤモヤで頭いっぱいになっていた時って、

こういう小さい事ってモヤモヤ考えながら

通り過ぎてしまってました。

 

モヤモヤ考え事して散歩しても景色に気づかない。

モヤモヤ考え事してご飯食べても味しない。

モヤモヤ考え事してたらみんな出かけてた。

モヤモヤ考え事して片付けたけど、それだけ。

モヤモヤ考え事して着替えたけど、それだけ。

モヤモヤ考え事してお花なんて気づかない。

 

・・・・もったいな!

 

目の前にある小さい幸せな事、

気づかないでスルーって、もったいない。

 

「ありがとう」を**回唱えましょう、とか、

もっと大変な状況の人と比較して「恵まれてる」とか

力づくでプラスに持っていこうというのではなく、

すでにある小さい事に気づく事から。

 

(昨日の幸せ、地元の野菜♪)

 

「今、ここ」に意識を向けてみて、

自分の暮らしを構成する小さな事を改めて見てみると、

ほっこりする事の種って、けっこうたくさんあります。

 

その日の良かった事を3つ書き出してみる、

なんていうワークもオススメ。

やってみる事で、自分が幸せだなぁと感じるものの

傾向がわかります。

 

これ、人と一緒にやると、視点の違いが面白い。

人それぞれだなあーって思ったり、

確かに!私それスルーしちゃってた!!

って事に気付いたり。

 

こういう事って、単なる気の持ちようやんって

思うかもしれませんが、

生理学的・免疫学的にも根拠があるんです。

 

「幸せ」って感じる事には、脳内物質やホルモンが

深く関係していて、実際に脳内でそれらの物質が

分泌される事から感情が動いたり、

体の反応まで変わってきます。

 

(お料理教室での一コマ。美味しいご飯は人を幸せにしますね)

 

同じご飯を食べるのでも、

考え事しながら機械的に食べたら、単なる栄養摂取。

 

ほっとした気持ちで「美味しいね〜」って

誰かと一緒に食べるご飯は、栄養摂取だけでなく、

「人と繋がっている」という所属欲求や

「美味しい」「あったかい」「満たされている」

という気持ちからくる幸せホルモンまで分泌されて、

結果栄養の吸収率まで上がったり、

ひいては細胞レベルでも違いが出てくるそう。

 

チリも積もれば・・・で、

日々のそうした小さなプラスが重なる事で、

心も体も免疫がつくというか、

幸せ貯金ができる感じ。

 

実際に、幸せな人はそうでない人に比べて

平均7年寿命が長いという研究結果もあるそうで、

「幸せ」だと自分が感じているかどうかが

体の健康にも大きな影響を及ぼします。

 

(え?僕?幸せよ?ご飯まってるの、早くちょーだい♪)

 

この幸せな人、というのは、

何かを持っているとか、

一定の条件を満たしているとか、

そういう事ではなくて、

ストレスにフォーカスしているのか、

幸せにフォーカスしているのか、

という視点の違いが一番大きい。

 

人と比べるのではなくて、

自分の中で何に目を向けるか。

何を選ぶか、です。

 

小さな幸せにフォーカスしていると、

自分の初期値が上がる感じになります。

 

ゼロがだんだん1になり、2になり。

「基本的にハッピー」になって行く。

 

何か嫌な事があったとしても、

考えすぎる事なく、

目の前の幸せは享受できるので、

リセットされるのも早くなる。

 

 

以前のアメブロに書いた事がありますが、

「上を向いて歩く」というだけでも、

心理学上、落ち込んだ気分が緩和されて

ポジティブな気分にリセットされやすいとか。

 

「脳内物質」「ホルモン」の話も、

女性は生理前後のメンタルの波から

わかりやすいかもしれませんが、

自分ではどーにもならない波、ありますよね。

 

私たち、操られてます。

脳内物質に。

 

だったら、それを快適なものがより出るように、

ストレスホルモンは減るように、

変えていきましょう。

 

ホルモンも脳内物質も、

出るきっかけがちゃんとあるので、

その理由を知ったら、

ハッピーホルモンが出る行動を増やして、

ストレスホルモンが出る行動を減らせばいい。

 

「上を向いて大きく歩く」のと

「下を向いてとぼとぼ歩く」のでは、

それだけでホルモンの出方が違うんですって!

だったら上を向いて、ルンルン歩いた方がいい。

 

そのためにも、

自分が「幸せ」と思う小さな事、

まずはたくさん見つけて見ましょう。

 

同時に、「これが嫌!!」って事も

リストアップしてみて、

できるだけ減らせないか

考えてみてもいいですね。

 

幸せの種を増やして、

「嫌!」の種はなくす。

 

シンプルに、シンプルに。

 

今日少し時間をとって、

やって見ませんか?

 

さ、今日も1日ご機嫌に行きましょ〜♪