皆さまこんにちは〜♪

 

昨日は&thingsのセレモニーシリーズに

たくさんのご注文を頂き、

誠にありがとうございました♪

 


シンプルベーシックなデザインの中にも、

さりげなく凝ったディティールやバランスに

オリジナリティがひかる&thingsの作品達。

 

所属してくれている作家さん達は、

それぞれ少しづつテイストが違う事で

お互いに学び合い、刺激も受けつつ、

それぞれの個性をより立たせてゆける

いい循環が生まれています。

 

複数作家で一つのショップを運営する

今のスタイルになって5年ほど経ちますが、

今はそれぞれが自分の足で立ちつつ

各自が強みを生かして全体に貢献する

理想の状態に近づいてきたなぁと思います。

 

とはいえ、ここに至るまでには

いろんな失敗と試行錯誤、

時に疑心暗鬼、自信喪失・・・など、

ほんとにいろんな山や谷もありました。

 


好きな事を仕事にする

自分の得意を生かして起業する

なんていうキラキラしたフレーズと共に

語られる事も多い女性のおうち起業。

 

でも実際には「仕事」と言える規模まで

たどり着くのも一苦労ですし、

10年後も継続している割合は10%にも

満たないというのが現実だったりします。

 

それにはいろんな理由があると思いますが、

これまで8年、自分を含めて10名ほどの

ハンドメイド作家さんの作品を扱ってきて

思うのは、女子起業こそメンタル管理が大事

という事。

 

 

 

女性の起業にもいろんなジャンルがあり、

私たちのようなハンドメイド販売の他にも

お教室やサロンの運営、

Webやグラフィックデザイン、

整理収納やファッション等のコンサルティング、

そして女性起業そのもののコンサルティング等、

その分野も多岐に渡ります。

 

しかも、自分でビジネスをするとなると、

専門分野に関する知識や経験だけでなく、

表からは見えない事務やITスキルの習得、

経理やマーケティング、営業など、

苦手とか言ってられない局面も多々

 

幅広い情報収集力と

未経験な分野でも調べてスキル習得する力、

潮流を読み、必要に応じてこれまでの方法を

柔軟に変えられる力もあった方がいい。

でもすぐ人に影響されてブレやすいのはダメ...

 

私達にとって難しかったと思うのは、

柔軟性は保ちつつブレない軸をもつ」事。

なぜならこれは、ほぼほぼメンタル力だからです。

 

もちろん、最初からカリスマ性がある人や

ビジネスセンスに優れている人もいて、

ロケットスタートで起動に乗る方も

いるのですが、それってごく一握り。

 

ほとんどの人は、コツコツ、コツコツと

見えない努力と改善を重ねて、

ようやく「仕事」という規模になっていく

のが一般的だと思います。

 

 

人によって強みが違うので、

それぞれぶち当たる壁も違って

自分では何が壁になっているか

気づかなかったり、

乗り越え方がわからなかったり。

 

協会所属型のビジネス(講師業など)だと

相談できる場があると思いますが、

ハンドメイド起業の場合はそれもなく、

同業の方はある意味ライバル。

 

なかなか相談できる環境がない中で、

うまくいっている人と自分を比べて

「何が足りないのか」を突き詰めるほど、

だんだんと弱気になってきて、

本来持っていた自分のカラーまで迷走・・

なんて事も、珍しい事ではありません。

(はい、私たちも1度経験してます)

 

私がウェルビーイングを学ぶと決めたのも、

それまでのチーム運営の経験から

ウェルビーイングの安定は

仕事の安定・成長に大きく貢献する

と感じたからでした。

 

 

繰り返しますが、女子の起業では

メンタルをいかに一定に保てるか

柔軟性をもちつつブレない自分になれるか

というのは本業スキルと同じぐらい大事です。

 

モヤモヤしてきた時、うまくいかない時、

いかに早く「具体的課題」と「感情」を

切り離して考えられるか。

 

モヤモヤし続けるループから出るための

具体的行動をとり、自分を立て直す力。

 

思考の癖そのものをポジティブに、

問題解決型・開拓型に変えて行く事。

 

自分とは違うタイプの人の多様性を理解し、

それにあったコミュニケーションが取れる事。

 

潮流の変化を理解し、時には成功体験さえ

捨てる柔軟性を持つ事。

 

だけど、その判断は自分で下し、

人に影響されてぶれるのではない事。

 

 

SNSでの情報発信が力をもつ今は、

「インスタ映え」という言葉が象徴するように

「ぱっと見た印象をうまく作れる人」

「影響力の大きいキーワードに敏感な人」

が発信力をもつ時代。

 

それは一つの大きなスキルですが、

それはあくまでも「集客」の部分であって

「商品・サービスの質」とは別の事です。

 

見せ方を磨く努力はもちろん大事だけど、

そこにばかりに気をとられるのは違うし、

実際に商品が届いた時に「・・・あれ?」

っとなってしまうと、結局継続性がなくなります。

 

今年の春以降には、今までの経験を元にした

ウェルビーイングとおうち起業に関する

勉強会などもやっていく予定です。

ご興味おありの方がいらしたら、

ぜひコメント残してくださいね!

さ、今週も1週間、ご機嫌に行きましょう♪