皆さまこんにちは〜♪

 

寒い日が続き、大雪やインフルエンザの流行など、

何かと心配なニュースが多い今年の冬。

 

三田は神戸や大阪に比べて寒いとは言え

今年の空気の冷たさといったら

ここはスキー場??と思うほど。

 

でも、今日も池の氷もとけない寒空の下、

むーちゃんとお散歩に出かけたら。。。

 

 

ぷくぷくに膨らんで、

今にも花を開きそうな蠟梅の蕾。

 

 

桜はまだまだとは言え、

だんだんと小さな蕾が膨らんできています。

 

そして大好きな雪柳も...

 

ピントがなかなか合わずにちょっと見にくいですが、

小さな蕾が膨らみ始めていて、

一つ二つ、間違えて花が開いている子が!

 

 

たった数日前にこんな雪景色だった三田、

氷点下の中でも、確実に春は近づいています♪

 

お散歩途中、ふと足を止めてこの蕾達に気づいた時、

あ、この蕾の感じ、先日から書き綴っている内容に

ちょっと似ているな・・・と感じました。

 

モヤモヤする事や辛い事があった時も、

その存在そのものはまだ消えてなかったとしても、

自分の中でモヤモヤを脱出する準備が、

小さく、でも確実に出来ていく。

 

周りはまだ気づかないかもしれないし、

自分自身も、まだ花ひらいたわけじゃないから

気づいていないかもしれないけれど、

小さな変化は少しづつ少しづつ育ち、

モヤモヤから出た時には、

綺麗に花が咲く準備ができていたり。

 

寒くてもご機嫌にあるくムーちゃん

 

一つ、自然とは違う事があるとすれば、

私たちは冬の終わりを待つだけではなく、

自分で手繰りよせる事もできるという事。

ご機嫌力を高めるスイッチは色々あって、

昨日の「副作用ゼロ・抗うつ剤より効くご機嫌の鍵

でご紹介したように、適度な運動をする事は

医学的・生理学的にも立証された一つの方法です。

 

でも、わかっちゃいるけど、なかなかね〜・・・

という本音も、ありますよね。

 

私はありますよ〜。

特に筋トレは、義務でもないし、ハードだし、

時間も必要だし、めんどくさいし。

 

やらなくていい理由、やめちゃう理由の方が

よっぽど自然に、たくさん出てきます。

 

今日は、その「・・・ま、いっか、今日は」

となりそうな自分を(少なくとも10ヶ月は)

実行に導く事ができた小さなコツについて、

お話しようと思います。

 

 

去年1年、一度もやらなかったジリアンのDVD。

逆に、一昨年は10ヶ月続き、ー7kgを達成できた

この筋トレメニュー。

 

自分にベストな方法だとわかっていて、

その効果も経験しているのに、

なかなか再開できなかったのですが、

今年に入って再度取り組み始め、

今週も無事2回が終了して、

だんだん習慣化してきました。

 

偉いでしょ!!

私、意思強いでしょ!

 

・・・じゃなくて。

 

これって、ちょっとした行動の工夫で、

実行力を上げられるコツがあるのです。

 

 

そのコツはね・・・

「とりあえずマットを敷く」事。

 

もう一つ付け加えるなら、

DVDをつける事。

 

え???って感じですよね。

 

でもこの「トリガー(きっかけ)行動」だけ

まず意思の力でやってしまうと、

その後の行動って、実はそんなに意思の力が

いらなかったりします。

 

週に3回筋トレを必ず行う

というと、途端にすごくストイックで、

それが続く人はなんて意思が強い・・・

みたいに、ハードルが高く感じがち

 

(少なくとも、私みたいなゆるい人には、

 とってもハードル高く感じます)

 

でもね、よくよく考えてみると、

筋トレしている30分間、ずっと意志力を

使って辞めそうになる自分と戦うわけでは、

なかったりします。

 

要は、最初にやり始めるのが億劫。

 

布団から「でる」のが難しいのと似ています。

 

だったら、その心理的ハードルを、

「ま、とりあえずマットだけしいとこ」に

下げてあげる。

 

すると、使う意思の力は小さくて済みます。

 

「ま、とりあえず、目だけは開けとこ」みたいな。

 

でも、そうしているうちに、

「・・・だったら、そろそろ起きようか」

となるように、

「・・・そろそろやりますか」

というタイミングがきます。

 

(pintarestよりお借りしています)

 

DVDまで付けていたら、

もうあとはドミノのように、

DVDが始まっちゃうから、ついていくだけ。

 

そこに意思の力なんて、

全く使う必要がないのです。

 

私が意思の力を使って、

怠け者の自分を奮い立たせる(大げさ!)のは

「マットを敷く」という

1つ目のドミノを倒す事だけ。

 

一つ目のドミノが倒れたら、

あとは自動的に倒れてゆくので、

意思の力は必要ないというわけです。

 

やる気スイッチ、

重くて大きなものを押しつづけるイメージだと

しんどいし、ハードルが高いのですが、

「トリガー(きっかけ)になる小さな行動」

あらかじめ決めておくと、

小さなスイッチを押すだけになって楽チン

 

なので私は、何か頑張ろう・・って思った時は、

意識的にこの「トリガー行動」を決めます。

 

筋トレなら「マットを敷く」。

お弁当を作るなら「弁当箱を出す」。

ブログを書くなら「タイトルを登録しとく」。

(今です、今。)

勉強をするなら「まず机に座る」とか

「問題集を広げる」とか?

 

さらなるコツは、

「目に見える」事にする事。

 

たとえばテレビがついていない時に

DVDのスイッチをいれたとしても、

忘れちゃったら気づきません。

 

お弁当を作るのに

スマホのリマインダーに登録しても、

気づいた時には時間がない・・なんて事も。

 

その行動につながる、小さな最初のステップで、

しかも見える事だと忘れにくいですよ♪

 

これはメンタル管理にも使えて、

モヤモヤに陥りそうになった時のトリガー行動を

あらかじめ作っておくというのもオススメ。

 

モヤモヤし続けるのをやめてみた

でも書きましたが、「モヤモヤしたらこれをする」

というトリガー行動を、あらかじめ決めておくと、

気づいたらすぐに気持ちをそらすことが出来て、

無駄に長時間モヤモヤしてしまう事が減りますよ♪

 

あなたがやる気スイッチを入れたい事。

モヤモヤした時に抜け出す特別なスイッチ。

 

時間があったら考えてみてくださいね♪

さ、今週もあと二日、頑張りましょ〜♪